種類が豊富なクール寝具の選び方のポイントを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

クール寝具とは

暑い夏でも涼しく眠れる寝具

なかなか厚くて眠れない夏、、快適に眠るように様々なメーカーが色々なクール寝具を出しています。原発の再稼働もまだわからない状態の中、電力不足も不安になる状態です。なるべく節電できるようにみんなで頑張る必要があります。エアコンをつけっぱなしでは電気を大量に使用しますし、身体にもよくありません。そこで最近クール寝具が多くの人の注目を集めているのです。クール寝具とはその名の通り、暑い夏でも涼しく眠れる寝具のことです。

冷却マットやジェルパッド、冷却シーツ、冷却まくらなど数多くの商品が発売されています。商品や種類が多すぎて、何を買ったらよいか迷う人も多いと思います。ですので、選び方のポイントをいくつか紹介したいと思います。あなたのクール寝具選びの参考にしてもらえると幸いです。まず自分のタイプを知ることが大事です。

ジェルマットはひんやり感のあるマット

眠りに入るまで涼しくいたいという人には、ジェルマットがよいです。ジェルマット(冷却マット)はひんやり感のあるマットで、どこでも手に入ります。売り上げ1位の商品が「エコでクール・メタリック」といわれるクール寝具です。シングルサイズで13,880円です。表地がアルミ箔になっていて、裏地がポリエステルでできています。リバーシブルで使用も可能です。

アルミ箔を使用しているので、ひんやり感が長く持続します。ジェルの量も多いので、やわらかく、寝心地も良いといえます。サイズも豊富にあり、小さなサイズがいい人には「涼感ジェルマットNEW」が良いでしょう。コンパクトなので扱いやすく、MとLの2種類あり、組み合わせて使うことも可能です。

直接体を冷やさないタイプ

ポイント

案外知らない方が多いのですが、年齢によってもクール寝具をどう選ぶかはかわります。特に高年齢の方や妊婦などは体が冷え過ぎることに対して注意が必要です。このような人たちにはムレずに眠れる快適タイプのクール寝具がよいです。布団にこもる湿気を可能な限り吸い取り、寝苦しさをなくすクール寝具を選ぶのがベストです。

「サラフ敷きパッド」は体を冷やさずに、涼しく快適に眠れる敷きパッドで、シニア世代の方に特にお勧めのものになります。3層パッド構造で、シングルサイズが23,100円です。サラフシリーズははじめは「汗を活かした熱帯夜の睡眠」というものをキャッチフレーズにして展開をしているクール寝具なのです。

不快感を感じずに熱帯夜も快眠
横たわる人

吸水性や速乾性、特殊立体構造により、通気性といったダクロン素材の特徴を最大限に活用し、汗をスムーズに蒸発させ外へ逃がすような構造に設計されています。つまり汗の力を逆に活用して体の熱を放散させ、不快感を感じずに熱帯夜も快眠できるのです。また医療現場や介護現場の意見も取り入れた、体圧分散効果もある商品なのです。

布団の上に敷くだけでよいという、簡易敷きパッドで、軽量で取り扱いも簡単です 。ご年配の方や汗かきの方に支持されているクール寝具になります。妊婦さんには、 抱き枕タイプが人気が高くなっています。抱き心地がよく、ひんやり感が気持ちよ いので、妊婦さんが足にはさんで寝るのにベストなのです。これにより、暑い夜 でも快適に眠ることができるのです。ご年配の方や妊婦さんなど体が動かしにくい 方でも簡単に扱える、というのは嬉しいメリットですね。高齢化社会ですので、お年寄りに優しい商品というのはウケるはずです。

代表的なクール寝具の種類の基礎知識