ひんやり感が長時間持続させることが可能なクール寝具があることを知りましょう

サイトマップ

トップバナー

クール寝具のエアロスリープミニ

画期的なクール寝具として注目

西川産業の「エアロスリープミニ」は、今、画期的なクール寝具として注目を集めている商品です。敷きパッドの足元に空気を吸い込める筒があり、そこから風を通すことによって、敷きパッドの中にこもっている熱気を放出できる仕組みになっています。このため、熱も湿気も溜まりません。おかげでさらっとした状態を保つことができるのです。ファンのスイッチを入れれば、筒の両端から空気を取り込み、その空気がパッドの中を通り抜けて、肩口や床へ抜けていくようになっています。

西川産業の調査では、エアロスリープミニを使用する前と後ではかなりの違いがあるようです。湿度を表す数が84.5%RHから66.4%RHへ下がっていますし、さらに温度も35.9℃から35.1℃に下がった結果になったそうです。節電と言われる昨今、電気代についても気になりますよね。1日に8時間使い続けたと仮定して、1ヶ月の使用量が16円程度ということです。エアコンに比べると、電気代がかなり安くなります。

熱をこもらせないシステム

利用者の口コミを覗いてみました。「風を送るだけでこれだけ熱がこもらずに、敷きパッドがさらっと快適な状態になるとは」と、その効果に驚いたという声が多数ありました。敷きパッドの体が触れている部分に熱を持たない作りのため、快適な状態で過ごすことができます。ジェルなどで体をひんやりとさせるタイプのクール寝具がありますが、それと違って熱をこもらせないシステムがさらっとした状態を作り保つタイプの寝具です。

背中を風が通り抜けて行く時、さらさらとして心地よさ抜群です。これがあれば、冷房いらずで夏が過ごせます。敷きパッドは取り外して洗濯することが可能なため、常に清潔な状態でいられますね。敷き布団の上に敷くだけというのも簡単な独自の送風技術によって生まれた新開発の敷き布団なのです。タイマー機能が付いているのも嬉しいですね。1時間から8時間まで、1時間おきにタイマー設定することが可能です。風量は無段階調節ができるようになっていまして、ファンの風が体に直接あたる構造ではないので、体を冷やしすぎることがないやさしい風です。

クールウォーターパッド

ポイント

「クールウォーターパッド」は、熱帯夜でも涼しく快適な夜が毎晩やって来るクール寝具です。体感温度がマイナス4℃という、冷え過ぎに注意が必要なほどの能力です。このひんやり感は、長時間持続させることが可能です。クールウォーターパッドは、テレビでも紹介されたことのある大ヒット商品です。通常のクール寝具に使われているジェルよりも更に冷却効果に優れています

必要なのは水道水だけという簡単なパッドでして、電気代がかからずエコにもなります。ただの水道水が、真夏の夜を快適に変貌させてくれるのです。クールウォーターパッドの特徴は、水で冷やすだけの簡単なものということです。エコであり経済的でもありますね。まるでウォーターベッドのような、ラグジュアリーな寝心地を体感できます。

パッドの中に水道水を入れて敷くだけ
クールウォーターパッド

パッド内を水が移動しているので、体型に合わせて体にフィットしてくれるのが嬉しいです。ウォーターベッドのように体圧分散をしてくれて、快適な眠りが朝まで続きます。ただの水道水ですが、冷却効果をもたらせてくれています。使い方は、パッドの中に水道水を入れて敷くだけという簡単なものです。

節電と言われるこのご時世、電気代が0円というのは良いことですね。経済的な上に、二酸化炭素も出さず環境にも優しいパッドです。水を入れ替えれば何年でも使えるというのも、長い目で見ても経済的と言えます。クールウォーターパッドは国内生産というのも、安心できて嬉しいですね。サイズはミニサイズとハーフサイズとシングルサイズが展開されています。ミニサイズは幅95cm・長さ30cm、ハーフサイズは幅95cm・長さが43cm、シングルサイズは幅95cm・長さが83cmです。

代表的なクール寝具の種類の基礎知識