涼しさが売りのマットとジェルマットの違いを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

涼しいジェルマットと涼しいマットの違い

夏涼しいだけでなく、冬も暖かい

涼しいマットと涼しいジェルマットの違いはなんでしょうか。涼しいマットでよく使われている「アウトラスト」という素材は体感温度を一定に保つことができます。つまり、「夏涼しいだけでなく、冬も暖かい」ということです。涼しいジェルマットは、熱の発散は素早く熱の吸収は遅いという素材が多く使われています。クーラーや冷蔵庫で冷やすなどすると、かなり冷たくなります。時には冷えすぎたり、調度良い温度で就寝すると、気温が高い日は途中で暑くなってしまうこともあります。

アウトラストを使用している「涼しいマット」

涼しいジェルマットの人気商品「冷却ジェルマット Cooljelljell(クールジェルジェル)」の仕組みを例にしてみましょう。冷感ジェルの表側には、内部に特殊な糸が使用されていまして、その糸には鉱石(無機粉末)が含まれています。そのために熱の発散は早く、熱の吸収は遅いといったようになります。生地自体は暖まりにくく、素早く体の熱を発散させる性質があります。これが、生地がに肌が触れると「ひんやり」感じる仕組みなのです。

個人的には、アウトラストを使用している「涼しいマット」をおすすめします。電気料金が値上げされるなど、これからも節電の必要性が高くなっています。冬の就寝時と起床時に暖房タイマーを利用しているという方は、もしかしたらアウトラストを使うことで暖房が要らなくなるかもしれません。設定温度を下げることができるかもしれませんよ。

涼しいシーツと涼しいマットの違い

ポイント

涼しいシーツは、つまり涼しいマットと同じものです。様々な呼び名ですが、同じタイプの商品です。涼しいジェルマットも、たくさんのメーカーが作っていまして、様々なものがあります。呼び名も多々あり、「涼しいジェルマット」「冷却ジェルパッド」「クールジェルマット」「ひえひえジェルマット」などがあります。

いつでも清潔に保つことができる
ジェルマット

ジェルパックは取り外し可能なカバーに入っています。カバーは洗濯できるので、 いつでも清潔に保つことができます。ジェルパックとカバーには「面ファスナー」がついていまして、 就寝中にジェルパックがズレにくくできているので、快適な眠りになります。 安物の類似商品だとこのジェルパックがずれてしまって、暑い部分と冷たい部分が分かれてしまいます。 買うのであれば、本物を選ぶようにしましょうね。

代表的なクール寝具の種類の基礎知識