クール寝具で湿度が改善されれば不快感もなくなることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

クール寝具のクールフィール28

東洋紡と京都西川によって共同開発

東日本大震災の原発事故以降、クール寝具はとても注目されているジャンルです。京都西川が出しているクール寝具は「冷たい」だけではありません。従来のものとは違い、様々な機能を備えている商品を提供しています。その中の「クールフィール28」は、室温28℃の設定において、快適に睡眠をとることが可能なように考え出されています。なんと、湿度がコントロールできるクール寝具なのです。

「クールフィール28」は、東洋紡と京都西川によって共同開発されました。発売から数年たったい今、もう夏の定番アイテムとして定着 していると思います。2011年の夏には、多くのメディアからエコ商品として注目・紹介されました。夏の熱帯夜の寝苦しさ、その原因は なんでしょうか。それは、汗や皮膚から蒸発する不感蒸泄による寝床内の多湿が多大な原因となっています。つまり、湿度が改善され れば不快感も無くなるのです。この寝苦しさの根本の原因である湿度、というところをしっかりと解消してくれる、というのがこの商品 がヒットした背景にあるのです。

寝床内の湿度を19%も抑える

寝床内の湿度を吸収して発散していくことで、不快感を抑えることができます。クールフィール28は、そういう仕組みの湿度コントロール寝具なのです。実験の結果、クールフィール28は温度28℃、湿度65%の環境下において、平均的なダウンケットよりも寝床内の湿度を19%も抑えることができたそうです。それは、室温28℃の状態でクールフィール28を使うと、26℃の状態で夏用のダウンケットを使ったときと同じくらいの爽快感で眠れるということなのです。

クールフィール28は、家庭で洗濯できるのも嬉しいですね。いつも清潔な状態を保つことができるので、カビやダニが心配な季節でも安心して使うことができます。一般的に男性には暑がりの人が多くて、女性には冷え症の人が多いです。そういった男女の基礎代謝量の違いを考慮して、クールフィール28には男性用と女性用が用意されています。クールフィール28は百貨店を中心に販売されていまして、肌ふとんや敷きパッドやピロパッド、クールケットやクォーターケットなどのアイテムが展開されています。是非、試してみてはいかがでしょうか。

エアコンマットサーラ

ポイント

西川は老舗布団メーカーです。そんな西川が販売しているクール寝具に「エアコンマットサーラ」というのがあります。夏でもサラっとしていて快眠できるクール寝具でして、とても人気です。今回は、最近特に話題となっている西川の送風マット「サーラミニ2」についてお話します。

風が通る敷きパッドでして、オシャレで素敵なリーフ模様が涼しげな演出をしてくれています。風が敷きマットの中を通りぬけていくので、寝ている間もサラっと快適な環境を与えてくれます。マット部分は取り外してご家庭の洗濯機で洗うことができます。お手入れが簡単な上に、清潔に保つことができるので嬉しいですね。

空気を取り込んでマットの中へ
エアコンマットサーラ

エアコンマットサーラは、エアーの吸入部分から空気を取り込んでマットの中へ空気を送りこんでいます。そのため湿気や体熱を効率的に吸収することが可能なのです。サイドにある風洞部から放熱して、マット内部に熱や湿気がこもらないように工夫されています。厚さ10mmあるスペーサーの間を風が通り抜ける仕組みになっています。スペーサーは弾力性、反発性に富んでいますので、体をしっかり支えることが可能です。

なんと、サーラミニ2には、おやすみタイマーが付いているのです。2時間、4時間、8時間の3段階でタイマーを設 定することがでるので、とても便利です。風量調節も3段階、強・中・弱と設定可能です。コントローラー をはずして送風マットを洗うことも可能です。ご家庭の洗濯機で丸洗いできるとい うのは、主婦にとっては嬉しい話です。サイズは長さが92.5cm、幅が96.5cm、厚みが0.76cmで、重さは1.6kgです 。電源コードの長さは1.8mありますので、コンセントから遠いところでの使用でも延長コードなしでラクラクです。 このようなちょっとした所の配慮は非常に助かりますよね。特に主婦の方はどれだけ簡単に行動できるかが 重要ですのでピッタリです。

代表的なクール寝具の種類の基礎知識