電気代を節約にピッタリなクール寝具のシーツがあることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

朝までクール

冷却ジェルの敷きパッド

世間では節電と言われていますね。それに、地球温暖化防止などが理由で、電気代を節約しようという方が増えています。そうなりますと、エアコンの使用頻度を控えている方も多いのではないでしょうか。ですが、この毎年の猛暑は耐えるに耐えられない熱帯夜です。そこで登場するのが、クール寝具人気となっているヒット商品「朝までクール」です。

冷却ジェルの敷きパッドでして、ベッドや布団に敷いて使用します。こちらはテレビやネットの通販などでも販売されているクール寝具です。この敷きパッドを使えば、体感温度がマイナス3℃という優れものだといわれています。ここ数年のヒット商品ですので、既にご存じの方も多いのではないでしょうか。「朝までクール」は2006年に発売開始した商品でして、発売元は「オーシン」です。シングルサイズで11kgあるので、丸めて持つとずっしりと重量感たっぷりです。

いつでも快適な状態で眠ることができる

使用方法はといいますと、ベッドの上に朝までクールを敷き、その上からシーツをかぶせるだけといった簡単なもの。マットの中に水を入れる、冷蔵庫で冷やすなどといった事前作業が全く不要なのです。簡単に、いつでも快適な状態で眠ることができるので嬉しいですね。寝るとひんやりとした感じが伝わってくる、低反発ジェルを使用しています。今まで寝ている間に寝汗をかいていた人が、この朝までクールを使ったら寝汗をかくことが減ったそうです。薄いシーツを使えば、かなりひんやり感が伝わってきます。そして、体の熱が吸収されていくのがわかる気がします。

もしかしたら、涼しい夜には冷え過ぎてしまうかもしれません。そういった場合は、厚手のシーツなどを使うなどして調節するといいですね。デメリットとしましては、内部にジェルが入っているため、敷きパッドが少々重たいことです。それに、洗濯できないことも残念です。けれど表面を水ぶきして使うことは可能ですし、直接肌に触れることはなく、シーツを敷いて寝るのでさほど気にならないかもしれません。「朝までクール」のシングルは90cm×180cmで税込み価格16,800円、枕は30cm×45cmで税込み価格4,900円です。

竹シーツ

ポイント

「竹シーツ」は、日本の伝統的素材を使ったクール寝具として話題になりました。日本古来の竹を使ってひんやりとした状態になり、心地よい睡眠を取れる「竹シーツ」が人気沸騰中です。竹シーツは肌触りがひんやりとしていますし、何よりナチュラルです。自然のものは安心できますので、リラックスしながら眠りに就くことができます。

長方形の竹チップをワイヤーでつないで作っていまして、チップの隙間を風が通って涼感を保つ仕組みとなっています。体温でシーツが多少温まった場合でも、竹は放熱に優れていますので、すぐにクールな状態に戻ってくれます。熱がこもりにくいため、寝がえりを打つなどして冷たい場所を探して眠ることができます。プラスチックやビニールなどの素材とは違い、竹のすべすべとした冷やかな肌触りが良いですね。素肌越しに涼を与えてくれる、ナチュラルなクール寝具です。

エアコンの冷気によって竹の表面が冷たくなる
竹シーツ

さらに裏技なのが、少しエアコンを入れることです。エアコンの冷気によって竹の表面が冷たくなり、さらにひんやり感が増して体温を下げることができます。竹のお手入れは、表面を布でさっと拭くだけできれいになりますので手軽です。使い方も簡単でして、ベッドの上に敷いて使います。それ以外にも使えまして、床や畳の上に広げてお昼寝をするなどといった使い方もあります。

口コミを覗いてみましたら、竹シーツは朝方になると涼しくなりすぎてしまうほどの効果があると書かれていました。寝ていて熱がこもってきたら、自然と寝がえりをうってひんやりしている場所を探しているようですね。ただ難点なのは、かさばりますし、とても重いので持ち運びが大変です。匂いも人によっては苦手かもしれませんので、購入前には匂いのチェックも忘れずにしましょう。

代表的なクール寝具の種類の基礎知識